【GジェネF・F.I.F】MSA-0011 Sガンダム(スペリオルガンダム)

ガンダムゲーム
スポンサーリンク

GジェネF・F.I.Fにおける【MSA-0011 Sガンダム(スペリオルガンダム)】に関するページです。

スポンサーリンク

【GジェネF・F.I.F】MSA-0011 Sガンダム(スペリオルガンダム)

プロフィールモード

MSA-0011 Sガンダム(MS形態)

連邦軍の汎用試作型MS。
ZZガンダムの再設計強化改良機であり、「究極のガンダム」を目指して開発された機体。
ZZガンダム同様の分離、合体機構を有しているが、大気圏突入能力は持たない。
ジェネレーター4基を搭載し、ムーバブルフレームも最先端のものが用いられている。そのため機体の基本性能はきわめて高い。
またスラスター推力も強大で、機体各所にスタビレーターを設置しているため、機動性・運動性にも優れている。
武装も大出力のビームスマートガンやインコムなど充実しており、攻撃力も極めて高い。
また各部のユニット化が進められており、任務に合わせてオプションパーツを装着できるようになっている。
ひたすらに高性能を追い求めたガンダム系MSの終着点ともいうべき機体であり、機体の複雑化と高額化も頂点に達している。
「ペズンの反乱」の際、試作機が討伐部隊に配備されて多くの戦果を上げたが、大気圏突入によって消失している。
なお、実験的に人工知能「ALICE」を搭載していたが、その性能は未知数であった。
正式名称は「スペリオル・ガンダム」。
主なパイロットはリョウ・ルーツ。

登場作品
GUNDAM SETINEL

GジェレーションF プロフィールモード より引用

Sガンダム(分離形態)

Sガンダムの分離形態である。
上半身及びバックパックが「Gアタッカー」、下半身が「Gボマー」、コア・ブロックが「Gコア」となり、それぞれが単独航行能力を有している。
Gアタッカーは運動性に、Gボマーは火力に優れ、共に戦闘機として優秀な性能を発揮する。

登場作品
GUNDAM SETINEL

GジェレーションF プロフィールモード より引用

コスト・黒歴史コード

COST黒歴史コード出典
Sガンダム(MS形態)30,000テクニカルレベル8
08-2919622
ガンダムセンチネル
Sガンダム(分離形態)08-4760536

性能

EXHPEN攻撃防御移動宇宙空中陸上水上水中アビリティ
Sガンダム(MS形態)705Lv1:12,300
ACE:15,990
Lv1:94
ACE:108
29276BBCALICE機能搭載
コア・ブロック・システム
変形可能
SFS搭乗可能
Sガンダム(分離形態)8ABALICE機能搭載
飛行可能
コア・ブロック・システム
変形可能

専用機の変化条件

変化後の機体変化条件
GコアSガンダムSガンダム(ブースターモード)Ex-SガンダムGクルーザーが撃破されると変化。

武装

武装名種別射程威力命中ENMP
160mmバルカン砲射撃1〜21,0001056
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕×宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド×陸上
ビームシールド×水上
プラネイト・D水中
2ビームライフル射撃(BEAM2)3〜43,5008020
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド陸上
ビームシールド水上
プラネイト・D水中
3ビームカノン×4射撃(BEAM1)4〜52,0005530
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕宇宙
ビームコーティング空中
I・フィールド陸上
ビームシールド水上
プラネイト・D水中
4インコムNTL(準サイコミュ)3〜74,0002015
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕×宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド×陸上
ビームシールド×水上
プラネイト・D×水中

設計方法

設計できる機体

開発経路

登場ステージ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【参考外部リンク】MSA-0011 Sガンダム(スペリオルガンダム)

タイトルとURLをコピーしました