【GジェネF・F.I.F】XMA-02 エビル・ドーガ

ガンダムゲーム
スポンサーリンク

GジェネF・F.I.Fにおける【XMA-02 エビル・ドーガ】に関するページです。

スポンサーリンク

【GジェネF・F.I.F】XMA-02 エビル・ドーガ

プロフィールモード

クロスボーン・バンガードの試作型MA。
新ネオ・ジオン軍の大型MA「α・アジール」を、MSの技術を用いて再設計した機体である。
「ラフレシア・プロジェクト」における地球攻撃作戦を想定して開発されており、大気圏内飛行能力を有している。
操縦系統にサイコミュではなくバイオ・コンピュータを用いているのが特徴で、一般兵でもファンネルを使用した攻撃が可能である。
またIフィールドを改良した大型ビームシールドも搭載しており、総じてかなり高い戦闘能力を持つ。
しかし「ラフレシア・プロジェクト」の総指揮官であったカロッゾ・ロナの戦死により、開発は中止されている。

登場作品
ゲーム
SDガンダム GGENERATION-0

GジェネレーションF プロフィールモード より引用

コスト・黒歴史コード

COST黒歴史コード出典
エビル・ドーガ90,500テクニカルレベル10
10-2140678
SDガンダム GGENERATION-0

性能

EXHPEN攻撃防御移動宇宙空中陸上水上水中アビリティ
エビル・ドーガ99925,50020044395ABIフィールド機能
飛行可能

武装

武装名種別射程威力命中ENMP
1大型メガ粒子砲射撃(BEAM2)3〜54,5007540
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド陸上
ビームシールド水上
プラネイト・D水中
2ファンネルNTL(サイコミュ)– 〜 –5,0004035
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕×宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド×陸上
ビームシールド×水上
プラネイト・D×水中
3バグMAP– 〜 –8,000100
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕宇宙
ビームコーティング空中
I・フィールド陸上
ビームシールド水上
プラネイト・D水中

開発経路

開発元開発先
ラフレシア

設計方法

設計素材

登場ステージ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【参考外部リンク】XMA-02 エビル・ドーガ

タイトルとURLをコピーしました